忍者ブログ
本流日本流・本物日本物
26  25  24  23  22  21  20  18  17  16 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

c98986ec.jpeg
水晶は天然の産物なので、どのような石でも世界に一つしかない貴重なものです。 そして、宝石と呼ばれる石は基本的にどれもが美しく、 また石それぞれが長い年月をかけて地中で形成されるなかで不思議な力を宿しています。 水晶ほど私たちの生活の中に深く結びついている石は他にちょっとないかもしれません。 石の王様的な扱いの石としてダイヤモンドがあまりにも有名ですが、 実は水晶はダイヤモンドとは対極の関係にあり、ダイヤが太陽のエネルギーを象徴し、 水晶は月のエネルギーを象徴します。それは、人類が本能的に石の持つ価値を知っているからです。 石の価値とは、美しさ・希少性・大きさ・産地など、様々な角度から決められます。

全体的な運気を上げる、家庭 円満・家内安全、恋愛運金運・財運仕事運・勝利運美容運・お守り学業運・試験運、 健康運・癒し、魔除け・厄除け・周囲の邪気を払い、気の流れを正して運気を向上させてくれます。

パワーストーンを持つならば、まず最初に揃えておきたい万能の石。開運への道はクリスタルクォーツからはじまる、と言っても過言ではありません。  

その能力は多岐に渡りますが、筆頭に上げられるのはその浄化作用。  

肉体面では、新陳代謝を高めて毒素を排泄し、免疫力を高めて細胞の再生を促すとされます。  

精神面では、感情から来る疲れをとり、あらゆるものを調和・安定させ、生命エネルギーを高めます。ストレスの多い現代社会では、健康維持のためにはひとつは手にしておきたいところ。また、消極的な性格で困っていたり、ひとつの物事に集中できない傾向があるなら、一度クリスタルクォーツのエネルギーを感じてみてください。  

肉体面と精神面の浄化に加えて、空間の浄化、邪気祓いにも多用されます。  

そもそもクリスタルは、古代から世界各地で瞑想や祈祷、宗教用具に多用されてきました。日本の神社の中には、水晶を御神体として祭っているところもあるほど。人の意識を拡大して、霊性を高めるとされ、水晶を使った予言や占いは数多く見られます。  

現代では、勉強や仕事の時に集中力や記憶力を高めたり、自らの願いを水晶に投影することで祈願成就に使われたりしています。恋愛運、仕事運、金運、財運、健康運、受験運まで、さまざまな開運効果が期待できます。  

ヒーリングに用いるには、石を患部にかざします。直接肌にふれなくとも、服の上から軽く回すだけでOK。目を軽く閉じてクリスタルの波動を感じ、患部が治癒されていく様子をイメージしましょう。不眠傾向の人は、枕元に置いて寝ると安眠できるとされます。  

電磁波を吸収する働きもあるとされるので、パソコンやテレビの近くに置いておくのもよいでしょう。  

クリスタルクォーツはあらゆる面で調和を生み出し、それらを統合し、増幅する力があるため、他の石と組み合わせるとそれらの石のパワーを増幅したり、補完したりする作用が期待できます。

紫水晶の晶洞 紫水晶(アメシスト)は石英(クォーツ)グループの仲間です。 このグループには、誕生石にも選ばれているシトリンやブラッドストーン、サードオニキスをはじめ、ロッククリスタル、ロースクォーツ、ブラックオニキス、アベンチュリンクォーツなどが含まれますが、なかでも宝石としてもっとも高い評価を受けているのが、このアメシストです。和名で、紫水晶というとおり、紫色の水晶がアメシストとよばれます。 紫色は、高貴な色と考えられていて、このアメシストは、聖職者の世界では常に最高級の評価を与えられてきました。アメシストは、誠実、心の平和の象徴とされています。高次元の意識と繋がりやすくしてくれます。精神のエネルギーを高めます。アメシストは私達が宇宙の一部であることに気付かせてくれる意志を持つ石で、宇宙の法則にしたがって生きることを導いてくれると感じます。

PR
和風流星にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/12 まかべななこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
和風流星
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
HOMEへ戻る
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp